ダイエットの停滞期を脱出するためには

食事もカロリーを控えているし運動も欠かさず行っているにもかかわらず、ある日突然体重がピタッと減らなくなってしまう停滞期。ダイエットをやり遂げるには、停滞期中でも食事制限や運動をしっかり続けることができるかにかかっているといっても言い過ぎではありません。ダイエットの停滞期に、体重が減らないからといって、自棄になってダイエットをやめてしまうとリバウンドしやすいとも言われています。リバウンドしてしまうと、元の体重に戻るどころか、以前よりも体重が増えてしまうこともあるそうです。ダイエットをした結果、リバウンドをして太ってしまったとなっては、やりがいがありません。停滞期の乗り越え方には様々なものがありますが、チートデイを設定するという方法があります。チートデイとは日本語に訳すと、ずるをする日という意味で、つらい食事制限によるダイエットを少しだけ中断して、好きなものを食べるのです。多くの場合、ダイエットをすると、カロリー量が多くなりすぎないように、食べる量を少なくします。身体は、このまま食べ物が入ってこなかったらマズイと、身体を省エネモードにしてしまうため、同じ生活をしていても体重が減らなくなります。そんな時に1日だけ好きなものを食べるチートデイを取り入れて、身体にちゃんと栄養が入ってくるよと教えてあげることにより、省エネモードを解除させるのです。長く続いていた停滞期が、チートデイで食事をしたことがきっかけで、通常モードに戻ったりもします。大事なことは、チートデイは2日は3日も続けないことです。あくまでダイエットと折り合いをつけるためのものなので、1日のみにしましょう。