二酸化炭素の検出器を自作

二酸化炭素の検出モジュールが売っている電子部品ショップを見つけた。
安曇野電子
たぶんこれから冬に向けて必要になるであろう二酸化炭素の検出器を自作することにした。
できれば二酸化炭素が上がったら自動的に換気をするという仕組みを作りたいんだけどまぁそこまではなかなか難しいのでとりあえずは二酸化炭素濃度開かれてロギングできるようなそんな機会を作ろうかなと思うんだけどじゃあ作ろうと思うと信頼できる二酸化炭素検出モジュールがなかなか売っていないということに気がついた。
やっぱりある程度の精度がないと二酸化炭素の濃度がちゃんと測れてるかどうか程度そういう心配が出てきてしまうのでセンサーにはこだわりたいしかしそんなにたくさんが潤沢にあるわけではないのでまあまあほどの予算でそれなりの精度が確保されているそんな機会を作りたいなと思っていたんだけどなかなかいいものが売っていない。
センサー自体を秋月に売ってるんだけどこの秋月のセンサーを組み立てるのにちょっと面倒くさいなと思っていてできれば電源とかもう準備されているのにくっつけるだけにしたいなあなんて思っていたらしいものが売られていたのですぐ買ってみることにした