大発明をする人の特徴とは

その言葉を聞いた瞬間 FC は N 氏が最後まで取っておいたイカを横からつまんで食べたのであった。
そのヒモ F 博士は研究をしていたうまくいけば歴史的な大発明に至るであろう研究だ何としても成功させたいエフ博士は夢中になって取り組んでいた。
この研究のことは誰にも話していない自分の研究の成果を人に知られ関西の前に真似をされては困るからだそして PORT OF 博士は求めていた結果にたどり着いた。
やったぞこれで私も偉大なる発明家の仲間入りだエフ博士は喜んだと後ろの方から視線を感じた振り返ってみたが人の姿は見当たらなかった。
あるのは計算式の書かれた紙ばかりだしかし確かに見られているという感覚は続いているどこかから覗かれているのは間違いない視線はそれほど強く認められた