生ビールの作り方がすごかった

ビールと生ビールの違い日本で飲まれているビールは大多数が生ビールですがこの生とは何のことでしょう。
まずビールを醸造するには大麦の麦芽を酵母の力によってアルコール発酵させますかこの酵母を生きたままビールの中に放置していればビールの糖分と結びつきアルコールと炭酸ガスに変化していきます。
何ビールの糖分がなくなれば発行は泊まりほぼは死んでいきますが死んでしまった酵母やそのカスはおりとしてビールに残ってしまいます。
そのために現代の冷蔵技術が発達する前は出来上がったビールを瞬間加熱殺菌することによって酵母菌を殺しビール品質を安定させていました昔のキリンラガービールなんかがそうですね。
生ビールとはこの加熱殺菌処理を行わないビールのことを言います今のビールはビールの熟成の最終段階で熱処理をしない代わりにろ過処理します通常にカイロ化処理をして酵母等を取り除き加熱される前の生ビールの味わいを保っています